【歌詞和訳】『Live Forever – Oasis』永遠に生き続けることの意味とは

今回はイギリスのロックバンド、Oasisの『Live Forever』のご紹介です。

1990年代のイギリス音楽シーンを席巻したOasisの代表曲「Live Forever」。この曲の歌詞は、リアム・ギャラガーの友人であるアンドリュー・ジョンソンの死を受けて書いたものと言われています。

目次

歌詞と和訳

Maybe I don’t really want to know
How your garden grows
‘Cause I just want to fly
Lately, did you ever feel the pain
In the morning rain
As it soaks you to the bone?

たぶんな、俺は本当にどうだっていいんだ
お前の庭がどうかなんて
だって、俺は空を飛びたいだけなんだ
ここ最近で痛みを感じた事はあるか?
朝に降り出す雨の中で
骨にまで染み込むような痛みを

Maybe I just want to fly
Want to live, I don’t want to die
Maybe I just want to breathe
Maybe I just don’t believe
Maybe you’re the same as me
We see things they’ll never see
You and I are gonna live forever

たぶんな、俺はただ飛びたいだけなんだ
生きたいんだよ、死んでたまるか
ただ息をしていたいだけで
そんなこと信じたくないだけだ
きっとな、俺とお前は同類なんだよ
俺らにはあいつらには見えないものが見えて
俺らは、永遠に生き続けるのさ

I said, maybe I don’t really want to know
How your garden grows
‘Cause I just want to fly
Lately, did you ever feel the pain
In the morning rain
As it soaks you to the bone?

言っただろ、俺は本当にどうだっていいんだ
お前の庭がどうかなんて
だって、俺は空を飛びたいだけなんだ
ここ最近で痛みを感じた事はあるか?
朝に降り出す雨の中で
骨にまで染み込むような痛みを

Maybe I will never be
All the things that I want to be
Now is not the time to cry
Now’s the time to find out why
I think you’re the same as me
We see things they’ll never see
You and I are gonna live forever

たぶんな、俺はなりたいものには
なれやしないんだ
でも今は悲しむ時じゃない
今は、そのワケを見つける時さ
きっとな、俺とお前は同類なんだよ
俺らにはあいつらには見えないものが見えて
俺らは、永遠に生き続けるのさ

Maybe I don’t really want to know
How your garden grows
‘Cause I just want to fly
Lately, did you ever feel the pain
In the morning rain
As it soaks you to the bone?

たぶんな、俺は本当にどうだっていいんだ
お前の庭がどうかなんて
だって、俺は空を飛びたいだけなんだ
ここ最近で痛みを感じた事はあるか?
朝に降り出す雨の中で
骨にまで染み込むような痛みを

Maybe I just want to fly
Want to live, I don’t want to die
Maybe I just want to breathe
Maybe I just don’t believe
Maybe you’re the same as me
We see things they’ll never see
You and I are gonna live forever

たぶんな、俺はただ飛びたいだけなんだ
生きたいんだよ、死んでたまるか
ただ息をしていたいだけで
そんなこと信じたくないだけだ
きっとな、俺とお前は同類なんだよ
俺らにはあいつらには見えないものが見えて
俺らは、永遠に生き続けるのさ

Gonna live forever
Gonna live forever
We’re gonna live forever
Gonna live forever
Gonna live forever
We’re gonna live forever

生き続ける
永遠に生き続けるのさ
俺らは、永遠に生き続けるのさ
生き続ける
永遠に生き続けるのさ
俺らは、永遠に生き続けるのさ

解説

『Live forever』の意味

和訳した歌詞の中でも度々登場しますが、『Live forever』は直訳すると、「永遠に生き続ける」。では、この度々登場する「永遠に生き続ける」俺とお前は誰なのか。

答えは作曲をしたノエルにしか分かりませんが、冒頭にも紹介した亡くなった友人に対してとするとかなりしっくりくるのではないでしょうか。

  • As it soaks you to the bone?(骨にまで染み込むような痛み)
  • Want to live, I don’t want to die(生きたいんだよ、死んでたまるか)
  • Maybe I just don’t believe(そんなこと信じたくないだけだ)

これだけ悲しみが込められた、もしくは悲しみに打ちひしがれながらもそれに抗うような歌詞を何度も反復して、最後には「俺らは、永遠に生き続けるのさ」と歌う。今はもう存在しない友人のことを想い、骨の髄まで届くような痛みを感じながらも生き続けることを宣誓しているかのようです。

人が本当に死ぬときは、命が絶えた時ではなく人に忘れ去られた時ってよく言いますよね。お墓参りだったり仏壇にお供え物をするのは、今を生きている人たちが亡くなった人と過ごした時を忘れないように、どちらかと言うと亡くなった人のためというよりも、今を生きている人たちのためにあるような、そんなことも思ったりします。リアムにとっては、それが歌であったのではないでしょうか。「お前は俺の心の中で一緒に生きる続けるんだよ」って、クールでかなりシビれます。

もう数十年前にリリースされた曲ですが、今もこうして曲が「生き続ける」ことは、リアムも亡くなった友人も微笑んでいるのではないでしょうか。

収録アルバム

『(What’s The Story) Morning Glory?』(1995年)

Oasisが1994年にリリースしたデビューアルバム「Definitely Maybe」は、ブリットポップムーブメントの幕開けと共に、音楽シーンに革命をもたらすきっかけとなった作品です。荒々しいエネルギーとキャッチーなメロディ、率直な歌詞でリスナーへ強烈な印象を与えました。

特に、「Supersonic」の爽快なイントロや「Live Forever」のポジティブなメッセージ、そして「Slide Away」のアツい歌詞など、アルバムには名立たる曲が多く収録されており、Oasisを一躍スターダムへと押し上げたと言っても過言ではない程。

また、商業的にも大成功を収めイギリスのアルバムチャートで首位を獲得しています。批評家からも高い評価を受け、Oasisの革新的な音楽性と独自のスタイルを示す、不朽の名作の一つであり、ブリットポップの黄金時代の象徴として、今日でも称賛され続けています。

『Stop The Clocks』(2006年)

2006年にリリースされた2作目のベストアルバムです。イギリス本国ではチャート最高順位は2位だったものの、日本では初登場で1位を飾りました。

『Time Flies… 1994-2009』(2010年)

2010年にリリースされた3作目のベストアルバムです。Oasis史上最後のリリースとなったベストアルバム。歴代シングルを網羅しており、イギリス本国ではチャート1位を獲得し、他国でもチャート上位にランクインしました。同アルバムには、『Wonderwall』も収録されています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「エンタメ無くして人生なし!!」
日々の暮らしで触れるエンタメを皆さんにご紹介!
好きなものはSF映画、お花・植物、球技、クリームシチュー(飯)です。

コメント

コメントする

目次